DataNatureをより有効にご活用いただく為のヒント集です。
DataNatureでやってみたいことを、該当する項目からお選びください。
ファイルを分割したい
データを要約したい
条件を絞り込んでテキストデータを読み込みたい
[ファイル加工設定]機能タブがない
登録リストの検索を行いたい
ファイルを分割したい
例:全社の営業データを、営業部門ごとのファイルに分けたい
[ファイル加工設定]機能タブをクリックし、[処理方法]から"ファイル分割"を選択し、処理を登録してください。
また、クライアントにCSVを読み込む際、年月や店舗の情報など条件を予め指定することができます。詳しくは、こちらをご覧ください。

  ※DataNature/E ver 3.2 Basicでは、ファイル加工設定はご利用いただけません。
データを要約したい
例:各月の明細データをサマリーしたファイルにしたい
[ファイル加工設定]機能タブをクリックし、[処理方法]から"レコード要約"を選択し、処理を登録してください。

  ※DataNature/E ver 3.2 Basicでは、ファイル加工設定はご利用いただけません。
条件を絞り込んでテキストデータを読み込みたい
例:分析したい年月や店舗などを、ユーザーに指定させたい
CSV絞り込み条件定義ファイル(*.dnc)を利用します。
▼サーバー管理ツールがインストールされているPCで、Windowsのタスクバーの[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム]、または、[すべてのプログラム]をクリックします。
▼[DataNature E ver.3]−[Tools]−[DataNature E ver.3 CSV絞り込み条件ツール]をクリックします。
▼[CSV絞り込み条件定義]ダイアログボックスが表示されますので、条件を設定して利用したいCSVファイルを指定します。
▼「絞り込み条件の設定内容」欄で、絞り込みの条件を最大10個まで設定します。
▼条件設定が完了したら、[ファイル]-[名前を付けて保存]からファイルの保存を行ないます。
▼保存された絞り込み条件定義ファイル(*.dnc)をユーザーに公開してください。

※条件の設定には、括弧を使った優先度の指定や複数条件指定時のAND/ORの論理式選択ができます。
※条件指定方法で"選択式"指定した場合、絞り込み実行時に最新のマスタファイルの情報を取得する…といった指定が可能です。
[ファイル加工設定]機能タブがない
DataNature/E ver 3.2 Basicでは、ファイル加工設定はご利用いただけません。 通常版へのアップグレードをご検討ください。
登録リストの検索を行いたい
[ファイル加工設定]機能タブの[登録リスト]タブ内でキーワード検索が行えます。画面左下の「検索」欄に検索したいキーワードを入力し、[下検索]または[上検索]をクリックして検索を行ってください。該当するリストが反転表示されます。
 
R02 DataNature(データネーチャー)は、株式会社エヌジェーケーの登録商標です。
その他の商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
- All Rights Reserved, Copyright © NJK Corporation. -