データ分析を直感的に実現させるBIツール

帳票作成・データ抽出/分析のBIツールDataNature

NTTDATA

BIツール DataNatureとは…

新バージョンの改良ポイント

新バージョン DataNature Smart ver.4 は、データファイルの共有・結合・連結・抽出など、データファイル管理機能を中心に、28項目にわたり新機能の追加及び改良を行い、サーバー管理ツールを利用する情報システム部門の管理者の利便性に配慮した製品になっています。また、クライアントツール側の機能についてはグラフ設定画面の集約などの改良を施しました。
新機能と主な改良機能についてご紹介します。

※製品別新機能/改良ポイントの一覧表はこちら

サーバー管理ツール

新機能:テーブルフィルター

新機能:テーブルフィルターDataNature Smartフォルダー内の指定されたデータファイル(*.csv/xdsf)
に対して、所属グループ毎に参照できるデータの条件を設定できるようにしました。
これにより、所属グループ毎に公開するデータファイルを分ける必要がなくなります。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

新機能:データ結合設定

新機能:データ結合設定データ連結設定でのデータ結合(マッチング)の機能を複数マスターファイルに対して連続処理する新たな機能として追加しました。
一度の処理で最大5つのマスターファイルと結合させることができます。
マスターファイルでは、指定した文字列に合致したレコードのみを結合対象にできます。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

新機能:ファイル統合設定

3.新機能:ファイル統合設定 ⽤途の異なる2種類のデータファイルをデータ連結(アペンド)する機能を追加しました。
データ内容が⼀致する列を関連付けて、連結することができます。実績値と計画値など集計表上で異なる数値列を並べて表⽰する場合などに使⽤します。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

データ抽出:テーブルの別名を追加する機能

4.データ抽出:テーブルの別名を追加する機能テーブルを別名で追加し、そのテーブルを使用する事で、同一テーブルを複数テーブルと結合することができます。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 データ抽出ツール

データ抽出:[データソースを開く]ダイアログのデザイン変更

5.データ抽出:[データソースを開く]ダイアログのデザイン変更データソースの選択をプルダウンリストから一覧に変更し、ODBC設定をここから呼び出せるようにしました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

スケジュール運用設定:フロー優先設定

6.スケジュール運用設定:フロー優先差設定連続するジョブ間で、出⼒ファイルと⼊⼒ファイルが同⼀の場合、設定済みのファイルを使⽤せず⼀時ファイルを⾃動割り当てして処理する「フロー優先設定」を追加しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

共通機能:基ファイルや出力ファイル等のプレビュー表示

8.共通機能:基ファイルや出力ファイル等のプレビュー表示ジョブ設定のプロパティダイアログのコンテキストメニュー、設定ダイアログから基ファイルや出⼒ファイル等のプレビュー表⽰を追加しました。。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 データ抽出ツール

共通機能:出力ファイルのバックアップ

9.共通機能:出力ファイルのバックアップジョブ設定の出⼒ファイルの複製をファイル名に⽇付等を付加して指定フォルダーへバックアップする機能を追加しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 データ抽出ツール(コンテキストメニューからの実行時のみ)

ページ先頭に戻る

クライアントツール

クロス集計表:階層一括展開のスイッチ

1.クロス集計:階層一括展開のスイッチ表組み画⾯の「⼀括展開表⽰で開始する」の設定を、階層展開表⽰のデフォルト動作のスイッチとして使⽤するように改良しました。
この設定により、新たに表に加わるデータの展開表⽰状態を決定します。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 Personal

クロス集計表:予測の機能追加

2.クロス集計:予測の機能追加予測結果の表を予測画⾯内のアイコン操作でクリップボードにコピーする機能を追加しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 Personal

集計表共通:改良機能

● データセレクターで、日付データをShiftキー押下で範囲選択できるようにしました。
● テンプレート登録ダイアログからテンプレートの名称を集計表の表題へ反映する設定を追加しました。
● 表組み画⾯をテンプレート登録できるようにしました。
● データの並び順で任意指定順の再設定時に並び順のリストを初期化せずに前回の状態を保つように改善しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 Personal

グラフ:デザイン設定

3.グラフ:デザイン設定ダイアログで設定していたグラフのデザイン設定を集計表の設定⽅法に揃え、グラフ画⾯の右側に表⽰するように変更しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 Personal

グラフ:改良機能

4.グラフ:その他改良機能数値軸(名称表示、カンマ表示)および、項目軸(階層ルート)の表示設定を拡充しました。

● 数値軸の名称を上部に表⽰する設定を追加しました。
● 数値軸の値をカンマ区切りにする設定を追加しました。
● 階層ルートの表示を副題、軸名称に追加しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic
DataNature Smart ver.4 Personal

ページ先頭に戻る

Webレポート ※オプション機能です

新機能:Webボタン

7.新機能:WebボタンWebレポートからボタン操作および条件指定によってデータを絞り込み、結果のCSVファイルをダウンロードする機能を追加しました。

<対象製品>
DataNature Smart ver.4
DataNature Smart ver.4 Basic

ページ先頭に戻る

30日間無料体験・お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 03-5117-1926
  • 営業時間 / 平日 9:00〜17:30